簡単に改善された!肩こりがラクになる方法を紹介

健康

こんにちは、あゆむです。

ここ何年も肩こりがひどくて悩んでいたのですが、とある方法でグッと

肩こりがラクになったので、今回はその方法を紹介します。

それは、 「スタンフォード式 疲れない体」という本に書かれていた

IAP呼吸法(腹圧呼吸)と呼ばれる呼吸法を行うこと。

これだけで僕は肩こりがかなり改善されました。

「何なんだよそれは」、という感じだと思うので、説明していきますね。

IAP呼吸法(腹圧呼吸)とは?

実は説明という程のことでもありません。

そしてすごくざっくり説明します。理論的な部分についても今回は詳しく書きません。

  1. まず、息を吸う時におなかを膨らませる。
  2. 次に、息を吐くわけですが、この時にもおなかを膨らませたままにしておく。

はい、以上で説明はおしまいです。(笑)

息を吸う時も吐くときも、おなかの中から外に向けて圧をかけることで良い姿勢が

保たれる、という感じだそうです。

僕の場合はどちらかというと、背筋を伸ばして良い姿勢を先につくってから

腹圧呼吸を行うようにすると上手く(?)いきました。

本を読んで自分で行っただけなので、正しくできているかどうか確かめる術が

ないですが。(笑)

あと、ずっと腹圧呼吸を維持しなくても大丈夫のようです。

僕の場合は気がついた時にやってる程度です。

 簡単なのでぜひ試して!

結果だけ見てしまうと、姿勢良くすれば肩こり解消につながる、みたいになりました。

しかし、この腹圧呼吸を取り入れるまでは、僕が慢性的な肩こりで悩んでいたのは事実です。

全ての方に効果があるかどうかはわからないですが、割と簡単な方法だと思うので、

肩こりがつらい場合には試す価値が充分あると思います。

今回は腹圧呼吸で肩こり解消できた話に留めておきますが、 「スタンフォード式 疲れない体

については一読しておくといいと思います。

疲労軽減の方法がたくさん出てきますので、実践して人生をより充実させていきたいものですね。

では、今回はここまで。

また次回。

コメント