【YOBWIN】Switchのワイヤレスコントローラー使った感想。安くて機能充実!最強かも

ゲーム

YOBWINのSwitchのワイヤレスコントローラーを新たに購入しました。

以前にBEBONCOOLのワイヤレスコントローラーを買ったのですが、「スティックと十字キーの位置が逆だから使いにくい!」と子供から言われました。

まあ、確かにそうかな…と思い、新しく購入をしたのが今回のワイヤレスコントローラーです。

せっかくなので当記事でレビューしていきます。

Switchのコントローラーは種類が多くなっており、

「Joy-Conから乗り換えたいけどどれ買えばいいの?」

と迷う方も多いかと思います。

本記事が、Switchのどのコントローラーを選ぶかの参考になれば嬉しいです。

YOBWINのコントローラはこんな人にオススメ

  • 無線のコントローラーでSwitchをプレイしたい
  • Joy-ConよりもしっかりしたコントローラーでSwitchをプレイしたい
  • 純正品にはこだわらないので低価格のSwitchのコントローラーが欲しい

Switchのワイヤレスコントローラーを安く手にいれたい!

まず最初にですが

  • 安いとなんとなく安心できない
  • どうしても任天堂製のコントローラーじゃないと不安

という方は、任天堂が出している純正のコントローラーを購入した方がいいと思います。

逆に純正品にこだわらない、安くて機能が充実したワイヤレスコントローラーを探し求めている方にはオススメできます。

確かに任天堂ブランドだと安心感はなんとなくあります。

しかし、最近は純正品以外のコントローラーであっても機能はしっかりしています。

おまけに価格がお手頃です。

僕はお小遣いが少ないので、純正のコントローラーは少々割高。

だったら少しでも安く手に入れたい・・・!

僕のようなお小遣い制のお父さんゲーマーには、YOBWINはとても頼もしいコントローラーになるでしょう。

コントローラーの特徴

  • 安い(ただし店頭で買うと高い)
  • ボタンの位置関係がSwitch準拠
  • ワイヤレス・振動・ジャイロありと機能充実

安い

とにかく安いです。

任天堂の純正品が6000円とかしますが、YOBWINのコントローラーはAmazonで2500円くらいで買えました。

ただし、Amazon価格のようで、GEOやTSUTAYAで見たときは5000円くらいの値段でした。

買うのであれば店頭で買わずに、Amazon(ネット?)で買いましょう。

Amazonでも時期によって値段が多少前後しますが、純正品ひとつ買うのと同じくらいの値段で2つ買えます。

コントローラーひとつとソフト一本とかも射程圏内です。

マジに安いです。

ボタンの位置関係がSwitch準拠

ボタンの位置がSwitch準拠なので、非常に操作がしやすいです。

僕は好んでホリのクラシックコントローラーを使っていましたが、スマブラ以外だとYOBWINのコントローラーを使うようになりました。

BEBONCOOLのコントローラーも持っていますが、こちらは冒頭でも書いた通りスティックと十字キーの位置が逆です。

プレステのコントローラーに慣れていればBEBONCOOLのコントローラーもありですが、YOBWINのコントローラーの方が生粋のSwitchユーザーには使いやすいと思います。

ワイヤレス・ジャイロありと機能充実

 今時普通なのかもしれませんが、ワイヤレスでの使用可能、さらにジャイロ&振動機能付きという至れり尽せり。

Switch購入後に最初に買ったホリのクラシックコントローラーにはない機能だったので、とても重宝しています。

横スクロールソフトでは、不意にジャイロ機能を使用しての操作を要求してきますので、あれば非常に便利です。

機能が揃っているので、遊ぶソフトを選ばずにYOBWINのコントローラーを使用できるのは嬉しいです。

注意!!

マリオパーティについてはJoy-Conしか使用できないようなので注意してください!

使いやすさは今までの購入したコントローラーの中でも抜群です。

今まで4つほどSwitchのコントローラーを購入して使用していますが、カービィやヨッシーなどの横スクロールアクションとの相性がとてもいいと感じています。

イマイチだった所

正直イマイチだった所はありません。

「本当かよ?」と思うかもしれませんが、マジです。

強いていえばプラスとかマイナスとか、ホームボタンがぱっと見でどれかすぐ判断できない所くらいです。つーかこれ、僕だけですかね。

確かにプラスとかマイナスのマークはついてます。

ホームボタンについてはでっかくHって刻まれたボタンがあります。

しかし、僕には最初わかりませんでした。

家のマークがホームボタンだと思ってましたからね。

家のマークねぇじゃん!みたいな。

あとは粗探し感がでますが、最初のペアリングがなかなかうまくいかなかった点でしょうか。

Amazonのレビューでもちらほらありましたが、他のユーザーも一発でペアリングがなかなかできないようです。

何回かペアリングやってたら成功します。

僕は3度目くらいでできました。

一度できたらそれ以降はSwitch起動後にホームボタン長押しで自動ペアリングします。

特筆するようないまいちな点がなかった珍しいコントローラーです。

スマブラだけはホリのクラシックコントローラーでプレイします

今回紹介したYOBWINのコントローラーが非常に使いやすいのは間違いありませんが、どうしてもスマブラだけはホリのクラシックコントローラーを使います。

ボタンの位置の関係から、スマブラ時はホリのクラシックコントローラーは譲れません(いや、しらんがな)

スマブラで伸び悩んでいるのなら、選択肢のひとつとして一考してみるのもいいと思います。

世界戦闘力850万(令和2年12月30日時点)までいった時もホリのクラコンでした。

【Switch】ホリのクラシックコントローラを使った感想【スマブラに最適】でクラコンの感想記事を書いています。

Switchのコントローラー選びは大切です

Switchを快適にプレイする上でコントローラー選びは欠かせません。

最近ではいろいろなコントローラーが発売されていますので、どのコントローラーを買うか判断に困ると思います。

今回の記事がSwitchのコントローラーを選ぶ手助けになればと思います。

コメント